FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂漠 著:伊坂幸太郎

砂漠

砂漠 著:伊坂幸太郎

あらすじ
「大学の一年間なんてあっという間だ」入学、一人暮らし、新しい友人、麻雀、合コン…。学生生活を楽しむ五人の大学生が、社会という“砂漠”に囲まれた“オアシス”で超能力に遭遇し、不穏な犯罪者に翻弄され、まばたきする間に過ぎゆく日々を送っていく。パワーみなぎる、誰も知らない青春小説。(「BOOK」データベースより)

これがテスト中に誘惑に負けて読んじゃった本です、はい^^;
今回の色のイメージはこの本の中で学生たちは
砂漠の真ん中の街にいるっていう仮定が出てくるので
砂漠の中のオアシス的な感じの森?っぽいところをイメージしました・・・
あらすじと色がかぶってますが・・・

この本も面白かったです~!!
前の「ラッシュライフ」より私はこっちのほうが好きだなぁ。
こっちのほうが共感できる感じだし「上手い」よりも
「面白い」のほうが大きかったです。

内容的には西嶋が最高ですね(笑
でも、西嶋ってえらいなぁとも思えました。
私はどっちかっていうといわゆる鳥瞰型だと思うので
西嶋の考え方は新鮮です・・・・
大体こういう考え方の持ち主って私は偽善者で片付けちゃうけど
西嶋は・・・無理でした(笑
シェパードを実際もらってくるところとかから考えても
「ただきれいごと言ってるだけじゃなくてちゃんと
この人はやるんだ!」と軽く感動しました~!

前までは「結局それをしても救われるのは
その犬だけでただの自己満足やん」と思ってたんですが
「それでも結果的に1匹助かったやん」「あんたはわかったふりして
1匹も助けてへんやん」って西嶋に言われた気がして
考え方が変わっちゃいました^^;

他にもいろいろとエピソードが面白かったですね~
最後の南の車のところは「お、やるか?やるか!?」みたいな
感じで期待して待ってたら「やった!」って感じで最高でした!!

でも、麻雀はよくわかんなかった・・・
ちゃんと麻雀の牌の絵とかが印刷されてるのに軽くびっくりしてしまった!
あれ読んだらなんか麻雀がすごくしたくなった。単純ですね(笑

「そんなことはまるでない」も最高だなぁ~!
いままで全部この言葉で「あ、ないんだ。」って裏切られてきたけど
最後だけはいい意味で裏切られたっていうか
上手く言えないけどここでこれを使ってくるってやっぱり
この人の本って「上手だなぁ」「センスあるんだなぁ」と思いました^^
「センスあるなぁ」って上から目線ですね、すいません^^;
ぶっちゃけ予想してなかったので「そうきたか!」って感じでした(笑
「え、みんなばらばらになっちゃうんだ・・・って違うんだ!」みたいな((笑

本当に面白かったです^^
きれいにまとまってるなぁと思いました。
そして上に書いたけど終わり方が最高!
後味がすごい良い作品でした。
スポンサーサイト

つきのふね 著:森絵都

つきのふね

つきのふね 著:森絵都

あらすじ
あたしはちゃんとした高校生になれるのかな。ちゃんとした大人になれるのかな。ちゃんと生きていけるのかな。壊れやすい心たち。(「BOOK」データベースより)

この色はまたまた安易に月のイメージです・・・
もっとまっ黄っ黄にしたかったけど
たぶん見えないと思ってオレンジに妥協(笑

これは中1か中2の時に読んだんだけど・・・
なんせすごかった!
すっごい思春期の感情とかにリンクしてるというか
「上手」とか「文章の綺麗さ?」みたいなものよりも
感情にがんってきた!!
ほんとにこうドンッみたいなズンッみたいな感じで心にきました。

火事のところではもしかして智さんが犯人・・・?とか
悪い予感を主人公と一緒によぎらせたけど
全然そんなことなくて安心しました^^
「よかったぁ~」とすごいホッとしました。

結構前に読んだから細かい内容までは覚えてないんですが…
こうほんとにどんどん共感していけるんですよね、主人公に!
最後はもうボロボロ泣きました。
「カラフル」の倍以上は泣きました…
なんかすっごいくるんですよね。心に。

でも、中学生だから楽しいのかも?
おばさんになったら共感できないのかなぁ・・・
とか思って今からもうショックを受けてます(笑
おばさんになってもずっとこの本で感動してたいです!!
そうなりますように・・・・



告白 著:湊かなえ

告白

告白 著:湊かなえ

あらすじ
愛美は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。第29回小説推理新人賞受賞。
(「BOOK」データベースより)


今回の色は赤黒い血の色って感じです…
この話はエグ~イんでね^^;

話としては割とすらすらよめました。
相当くらいし本当にえぐい話ですが「うわぁっ」っていうよりは
「面白い、もっと読みたい」のほうが勝ってたんですごいと思います。

とにかくドロドロ・・・ですね。
同じ事件に対していろんな人の主観で話されていくんですけど
最初のほうはそんなでもなかったですが、
色々な人から真実が明かされていくにつれて
どんどんどんどん事件の…というか事件に関連した人たちのえげつなさが
明らかになっていくって感じ・・・かなぁ?

1章の先生の話は全体的に説得力がありました。
ところどころに狂気を感じさせるなぁとも思えましたが…
最初の先生の牛乳の復讐に関しても結構怖い事するなぁって感じでした。
多分この人は子供が死んじゃった(殺されちゃった)ことで
モラルとかそういう物のたがを自分の意志で
外しちゃったんだろうなぁと思いました。

美月も2章では割と普通というかどっちかというと
内から出てくる弱者をいじめようとする欲望みたいなものを
抑え込んでたり割と人間的によく出来てるというか
…そんな感じだと思ってたんですが
最終的にはこの子も割と病んでる側でしたね・・・・・
というか正常な人間はほとんど出てきませんが^^;

でも、個人的にはこういう黒くてえげつな~い話は好きです^^
とか普通に言うべきじゃないのかな?(笑
先生のしたことも肯定派です。私は。
「あんな考えを持ってる加害者には遺族から罰を下せばいい」って
いう考えはあります。もし私が先生の立場なら絶対復讐すると思うし・・・
最後も「ざまぁみろ」ってちょっと思っちゃいました。
まぁ、それ以上に黒いものが残って後味は半端なく悪いですけどね(笑
読み終わった後はもう黒いものに飲み込まれそうな感じがします…

これまた蛇足ですがウェルテルのキャラに結構うけました。
熱血先生な自分が好き!みたいな・・・
こういう人大嫌いです。
ものすごい痛いキャラですね(笑




空の中 著:有川浩

空の中

空の中 著:有川浩

あらすじ
200X年、二度の航空機事故が人類を眠れる秘密と接触させた。「変な生き物ゆうたわね?そやね?」―秘密を拾った子供たち。「お前を事故空域に連れて行く。話は現場を見てからだ」―秘密を探す大人たち。秘密に関わるすべての人が集ったその場所で、最後に救われるのは誰か。“電撃”が切り開く新境地。第10回電撃小説大賞大賞受賞作家・有川浩待望の第2作。「BOOK」データベースより


この色は空のイメージですね。安易に。
本当は空の上の生物「白鯨」のイメージで
白にしたかったけど白は見えないからなぁ…

この本はいわゆる「自衛隊3部作」の中でも1番最近読んだ本です。
この話も相変わらず面白かったです!
SFの感じもあるけど不思議とそういうのが
特に好きじゃなくても普通に読めるというか…
いや、これはラブコメ要素のほうがでかいかな??

有川さんの作品って本当にすらすら読めます。
どんどん引き込まれるというか…
しかも相当きゅんと来ます!!
有川さんの作品って全体的にべた甘ですしね^^

個人的には自衛隊3部作の中だと高巳さんはちょっと微妙かなぁ~?
かっこいいのは高巳さんよりも光稀さんですから(笑
頭脳派っていうのかもしれないけど…
この作品は女の子のほうが全体的に男前な気がする(笑

白鯨と延々話術合戦をするところは結構好きです。
ひたすら会話が続くのは割と楽しいし^^
でも、私があの場にいたら絶対切れてますね…
その点では高巳さんってすごい!

最後の白川さんが刃物持って飛び出していくところからの
宮じいの説得(というか諭してあげる?)にはジ~ンと来ました。
すっごいズシっとくるというか…
ていうか泣いちゃいました。
白川さんすっごい悪女の想像してたけど
なんか壮絶だったんだなぁ~と思いました。

最後の「仁淀の神様」もよかったなぁ~。
宮じいはほんとすごい!とにかくすごい!人生の貫禄?的なものが・・・
ああいう人に近くにいてもらいたいなぁ。
で、人生に行き詰ったら相談する。絶対いいアドバイスがもらえそう。

蛇足ですが…私は「白鯨」より「フェイク」のほうがよびやすくて好きです。
ブログ中には「フェイク」で書こうと思ってたけど
他の人のブログに白鯨が多いし公式名称?が白鯨だから
そっちにしたけど、やっぱりフェイクでもよかったかな?(笑

ラッシュライフ 著:伊坂幸太郎

ラッシュライフ

ラッシュライフ 著:伊坂幸太郎

この色はだまし絵のモノクロのイメージで灰色です。
青と迷ったんですが・・・やっぱりだまし絵が強かったですね~

伊坂幸太郎さんの本を読んでみよう!という試みの元チャレンジしてみた本です。

これは、、、すごいですね!
今までの本は感情移入しながら話を進めて行ったりとか
割と入り込んで読む感じだったんですけど
これはどっちかというと(いい意味で)傍観者ってかんじかな?
「こういうことだったのか」とか「こうなるんだ!」とかを外から驚きながら見ている感じです。
なんかどんどん出来上がっていくパズルを見ているともいえますかね・・・。
今までのは「楽しい」とか「面白い」とかでしたけど
これは「上手い」っていうのが合うような気がします。
入って楽しむっていうより完成したものを見るというか!
(同じ意味のことを2回繰り返してる・・・すいません^^;)

これって時間軸がそれぞれ違うんですよね~
一番最初でみんな(戸田さんたち以外)が駅のところで
白人女性と犬を見てるからみんなが同じ日の同じ時間から
物語をスタートさせてると思い込まされていたみたいですね・・・
私はころっとだまされてました(笑
途中から最初のほうで書かれていたことと最後のほうで
書かれていたことがつながってきて「え!?これってこういうこと?」って
思ったことがいっぱいでした^^
一生懸命とけいを正面から見てたのにいつの間にか針が逆回転してた…みたいな^^;
でも、そのどんどんうまくつながっていく感じが本当に楽しかったな~!

ちなみに私は最後に親切に種明かしをしてくれたのにも関わらず
(誰が何日にスケッチブックに日本語を書いたっていうやつ)
誰が何日にどうなったとかが完璧には理解できていないという馬鹿です(笑

会話の1つ1つも面白くて笑えました。
とくにニュートンの発見に後れをとりつつ重力に気づいた若者くんには笑えた。
他にも色々と軽い感じだけどくるくる面白い会話が出てきてよかったです^^

でも、最後はちょっとスカってかんじかな~??
これは私だけかもしれないけど・・・
最後に全員集めるとかしてほしかったなぁ~。
まぁ、あんなもんなのかな??
これから伊坂幸太郎さんの本にどっぷりはまっていく予感です・・・(笑

カウンター

プロフィール

読書好きの中学3年生です☆    気軽にコメどうぞ^^

森miki

Author:森miki
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

書いてある本について突き詰めて話したい人は 気軽にどうぞ^^

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。